女の人

ベイザーで理想のボディーになろう|体への負担も少ない

手術の特徴と注意すること

バストを測る人

手術でバストアップ

バストの乳腺脂肪が少ないと貧乳になります。貧乳コンプレックスを解消するには、豊胸エステを受けるか、豊胸の整形手術をするかの2通りがあります。豊胸手術は1日でしっかりバストアップ出来ます。バストの中に脂肪、またはシリコンバッグ、ヒアルロン酸などを入れる整形手術です。脂肪を入れるのが脂肪注入法です。自分の脂肪を入れるので、自然な仕上がりになるのがメリットです。もっと大きくしたい場合は、シリコンバッグを入れるバッグプロテーゼ挿入法があります。バッグプロテーゼ挿入法は代表的な豊胸手術で、多くの美容外科で受けられます。ヒアルロン酸を入れる豊胸手術は、メス不要なので簡単です。プチ整形で豊胸したい人におすすめです。

手術の効果

脂肪注入法で豊胸手術をする場合は、バストに入れる脂肪が必要です。もともと痩せている人は皮下脂肪を吸引できないので、脂肪注入をできない場合があります。シリコンバックを入れるバッグプロテーゼ挿入法は、脂肪がなくてもできます。沢山の種類のシリコンがあり、自分の好きな種類を選べます。シリコンは耐久性を重視して選ぶ必要があります。耐久性が弱いと破裂するリスクが高くなります。ヒアルロン酸注入法はリスクが低い整形です。しかし、効果が限定的なので、半永久的なバストアップ効果を望む人には向いていない整形です。また、大幅なバストアップ効果がないのもヒアルロン酸注入の特徴です。左右の形を整えたり、ワンカップほどサイズアップしたい場合に有効です。