女の人

ベイザーで理想のボディーになろう|体への負担も少ない

目元のたるみを治療する

カウンセリング

まぶたの脂肪を除去する

下まぶたの裏に加齢が原因となって脂肪が付着してくると、そのせいで目元にくすみが出たりたるんで見えたりするようになります。目元にくすみやたるみがあると、顔の印象を老けさせてしまう大きな原因となります。しかし、そのようなくすみやたるみは東京の美容外科で治療することができます。東京の美容外科では、下まぶたを切開してそこに付いている余分な脂肪を除去します。そして皮膚にもたるみがある場合には、余った皮膚をきれいに切り取って仕上げます。このような手順を踏むことで、不要な脂肪を取り除いて若いときと同様のみずみずしい印象の目元を取り戻すことができます。しかも東京の美容外科ではこの施術の際にまぶたの裏側から切開を行うので、表から見ても傷口はわかりません。

入院の必要はありません

下まぶたのたるみやそれが原因となって起こるくすみが気になる場合、東京の美容外科では医師による無料のカウンセリングを受けることができます。東京の美容外科医はまぶたの治療に関するたくさんの症例をこなしてきているので、疑問に思うことや不安に感じることがあったら何でも遠慮なく尋ねてみるとよいでしょう。切開によるまぶたの治療は大変な手術になるのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、この手術にかかる時間は半時間から1時間程度で、入院する必要もありません。手術のあとでまぶたが多少腫れることもありますが、東京の美容外科では術後のチェックもきちんと行ってくれます。心配なことがあれば電話でも答えてくれるので安心です。