レディー

ベイザーで理想のボディーになろう|体への負担も少ない

目元のたるみを治療する

カウンセリング

下まぶたの裏に脂肪がたまると、それが原因で目元がたるんだりくすんだりすることがあります。そのような場合は東京の美容外科で余分な脂肪を取り除いてもらうとよいでしょう。東京の美容外科では施術の前に無料でカウンセリングを行っているので、不安をなくしてから施術を受けることができます。

もっと読む

外見から変えていく

医者と看護師

大阪の美容整形では、各診療メニューに得手不得手があるようです。それは医師がここに至るまでの過程や意識が大きく関わっています。ホームページにある、院長のプロフィールなどで紹介されているので確認することができます。

もっと読む

手術の特徴と注意すること

バストを測る人

美容外科で豊胸手術をすれば、脂肪がないバストをふくよかにできます。豊胸の美容整形にはいろいろな種類があり、手術ごとにメリットやデメリットがあります。豊胸手術をする場合は、その特徴をよく理解することが大切です。

もっと読む

脂肪を溶かして吸引

ボディ

血管や神経へのダメージ

ベイザー脂肪吸引とは、脂肪を溶かしながら吸い取るという、画期的な脂肪吸引です。脂肪組織の内部では、細い神経や血管が複雑な形で広がっています。そのままの状態で吸引すると、これらが傷ついてしまうため、従来は脂肪をジェット水流などで分離させながら吸引していました。しかしそれでも多少は血管や神経がダメージを受け、施術中の出血や施術後の痺れが生じることがありました。それを回避するために、現在ではベイザー脂肪吸引がおこなわれるようになってきているのです。ベイザー波には、体内の組織の中で脂肪のみを溶かすという性質があります。そのためこれをあてると、血管や神経が傷つくことなく、脂肪のみが溶けて液状になります。液状なので吸引しやすく、それでいて出血や痺れなどが生じにくいため、ベイザー脂肪吸引は安全性の高さから話題となっています。

隅々の脂肪も吸引

さらにベイザー脂肪吸引は、施術部位の脂肪をほとんど残さず吸引できることからも、注目されています。たとえば柵に積もった雪を除去する場合、手や箒などで払っても、細かな部分には雪が残ってしまいます。ところが柵全体に光を浴びせれば、その熱によって溶かされることで、雪はほぼ完全に除去されます。これと同じようにベイザー脂肪吸引では、隅々の脂肪まで除去することが可能となっています。その分高い痩身効果が出てきますし、血管や神経が入り組んでいる部分に脂肪の塊がしこりのように残るといったことも防がれるのです。従来の脂肪吸引よりも、細く美しい体になることができるため、ベイザー脂肪吸引を受ける人は増加していくと考えられています。